2012年8月26日 星期日

瘋狂賣光光 [原價1200] 美國西北櫻桃(新鮮空運)10ROW 2.5台斤禮盒


午后の授業
「ですからもしもこの天の川がほんとうに川だと考えるなら、その一つ一つの小さな星はみんなその川のそこの砂や砂利の粒にもあたるわけです。またこれを巨きな乳の流れと考えるのなら、もっと天の川とよく似ています。つまりその星はみな、乳のなかにまるで細かにうかんでいる脂油の球にもあたるのです。そんなら何がその川の水にあたるかと言いますと、それは真空という光をある速さで伝えるもので、太陽や地球もやっぱりそのなかに浮かんでいるのです。つまりは私どもも天の川の水のなかに棲んでいるわけです。そしてその天の川の水のなかから四方を見ると、ちょうど水が深いほど青く見えるように、天の川の底の深く遠いところほど星がたくさん集まって見え、したがって白くぼんやり見えるのです。この模型を ごら� ��なさい。」
先生は中にたくさん光る砂のつぶのはいった大きな両面の凸レンズを指しました。

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より


宮澤小說的這一段描述,經常在腦袋裡漂浮不去,
於那古老的星垣之間,究竟間落著多少距離?
是極遙遠的萬載光年?
還是透過指間窺視的微末貼合?

渺小星芒在墬入銀河的洪流之前,
一定也曾動人的閃爍,哪怕只是一時的飛逝也好,
只是,即將褪去個人主義的外衣之前,
那時候星群一定相當寂寞吧!
尤其是部分曾經光芒萬丈的星球,
這下也都不能免俗地,被慢慢分解…

接觸許多高階主管,見他們從軸心變成齒輪,
又從齒輪變成微不足道的次零件,
有著很深的衝擊,
迫切地希望自己未來不要像這樣結束。

偶爾,實在寂寞、煩悶地不得了,
為什麼置身在那麼寬廣的空間,
卻什麼也捕捉不到?
突然明白
與我產生撞擊的星體,似乎都會煙消雲散


沒有留言:

張貼留言